ヘアダメージに関する対策

ヘアダメージ

ヘアダメージ

多くの女性が悩んでいること、それはヘアダメージです。
髪の毛のパサつき、枝毛、張りのなさなどヘアダメージは人それぞれ違います。

 

それでは、ヘアダメージの原因になりそうなこととは、何でしょうか?

美容院なで行うパーマや、カラーリングは髪にはよくありません。
しかし、これはオシャレのためなので、ある程度しょうがないと考えるしかありません。
パーマをかけたりストレートに戻したりなど頻繁に行うようなら、改善の余地もあるかもしれません。
これ以外での行動で、少しでもダメージをなくすことを考えて行きましょう。

 

やはりドライヤーは、髪にはよくありません。
しかし、逆に乾かさないで濡れたままにしておくと、髪にはよくありません。

 

熱風にすればするほど髪にはダメージが多くなりますので、温度が低くなるように設定にできるのであれば、変更してみてはいかがでしょうか。
極論を言えば、ドライヤーは冷たい風で行うとダメージを軽減できます。

 

そしてシャンプーやトリートメントの仕方によっても髪にダメージを与えるきっかけになりかねません。
しっかりとしたやり方で、シャンプー&トリートメントを行うようにしましょう。

 

外出時の紫外線によってもヘアダメージは起こります。
紫外線が強い日は、日傘を使用するなど対処も効果的です。

 

 

ダメージヘアには、カラーやパーマなどで傷んでパサついている方には、HC+Proのダメージヘアシャンプーがおすすめです。